WiMAXのキャンペーンって?種類と内容を解説!

こんにちは!このブログを運営してる“たかみー”こと高見沢です!

もうかれこれ20年以上、ウェブサイトや回線など、インターネットにまつわるお仕事をしています。

そんな中、出先や出張先で使い始めたWiMAXの便利さにドハマリ!

好きが講じて、WiMAXの魅力を伝えるためのサイトを立ち上げることになりました。

ここでは、WiMAXに関するさまざまな質問にお答えしています。

高見沢

今日は、WiMAXを申し込もうカナーって悩んでるあいちゃんからの質問ダヨッ★

あい

WiMAXを申し込もうと思ったんですけど、キャンペーンの種類が多くてよくわかんないんですー

そんなあいちゃんのために、WiMAXの各プロバイダが用意しているキャンペーンについて詳しく説明していきますね!

ちなみに、プロバイダって何?という人は下の記事もチェックしてみてくださいね!

WiMAXのキャンペーンは「現金キャッシュバック型」「月額割引型」の2種類

WiMAXのキャンペーンは、大きく分けて

  • 現金キャッシュバック型
  • 月額割引型

の2種類があります。

あい

どっちがお得なんですか?

高見沢

それぞれにメリットとデメリットがあるから、順番に説明するネ〜★

現金キャッシュバック型のメリット・デメリット

まずは現金キャッシュバック型のメリット・デメリットについて。

  • メリット1:総支払額が安い
  • メリット2:お小遣い的な収入がもらえる
  • デメリット1:受取漏れのリスクが高い
  • デメリット2:そもそも月々の支払額は高い

これらを順番に説明していきます!

メリット1:総支払額が安い

現金キャッシュバック型のいちばん大きなメリットはこれ。

総支払額を計算すると、一番安くなるんです。

高額キャッシュバックが有名なとくとくBBを例に見てみましょう。

高見沢

キャッシュバック額は毎月変動するけど、この記事では今までで最高額の43,000円で計算してみるネッ!

とくとくBBの総支払額

月数 月額
1〜2カ月目 ¥3,609
3〜24カ月目 ¥4,263
25〜36カ月目 ¥4,263
契約期間合計 ¥152,160
キャッシュバック ¥43,000
契約期間総支払額 ¥109,160

そして、とくとくBBとその他のプロバイダの総支払額を比較した表がコチラ。

とくとくBBとその他プロバイダの総支払額

プロバイダ 実質総額
とくとくBB
(キャッシュバック型)
¥109,160
UQWiMAX
(公式プロバイダ)
¥146,312
So-net
(月額割引型)
¥121,680

あい

43,000円の現金がもらえて、総額がいちばん安いなんてめちゃくちゃお得じゃないですか!

高見沢

あくまでも、キャッシュバックをしっかりもらうことができれば、という前提があるけどネ〜・・それについてはまたあとデ★

メリット2:お小遣い的な収入がもらえる

プロバイダによって異なりますが、キャッシュバック受け取り期間は、契約から約1年後に設定されていることが多いです。

忘れた頃に現金が手に入るので、臨時収入だと思うとうれしいですね。

あい

お小遣いで4万円も入ったら、欲しかったあのバッグが買えちゃう!

高見沢

そうだネ!キャッシュバックをしっかりもらうことができればネ・・・!

デメリット1:受取漏れのリスクが高い

あい

さっきから、たかみーさんのキャッシュバックをもらうことができればって言い方が気になります・・・

高見沢

ゴメンゴメン!でも、キャッシュバック型のいちばんのデメリットは受け取るハードルが高すぎることなんだよネ〜

例えば、先ほど例に出したとくとくBBの受け取りの流れはこんな感じ。

  • 手順1
    契約する
    契約時にプロバイダ発行のメールアドレスが作成される
  • 手順2
    契約11ヶ月後に発行されたメールアドレス宛に連絡がくる
    このメールを受け取るには、メールアドレスを受信できるようにスマホやパソコンでの設定が必要です。
    また、1ヶ月以内にメールに気づかなかった場合は、権利を失います
    ここが最大のハードルです
  • 手順3
    メールに返信する形で振込口座を連絡する
    この返信を1ヶ月以内にしないと、権利を失うのです
  • 手順4
    返信の翌月末に現金が振り込まれる
    これまた1ヶ月という時間がかかります
    この入金を確認してようやく受取完了です

あい

すみません・・わたしにはちょっと難しすぎる気がします・・・

キャッシュバックの連絡がくるのは、契約から1年後。

さらに、ふだん使わないメールアドレスをチェックしなければいけません。

これって、かなりハードル高くないですか?

高見沢

実を言うと・・・僕も受け取り忘れたことがあったりしちゃったり・・・

あい

博士なのに!?現金もらうの忘れたんですか!?嘘でしょ!

・・・繰り返しになりますが、キャッシュバックの権利は1ヵ月で失効します。

そしてもしキャッシュバックを受け取れなかった場合、このキャンペーンは意味がないどころがマイナスにしかならないんです!

デメリット2:そもそも月々の支払額は高い

もしキャッシュバックを受け取れなかった場合。

単純にその後も利用料金を払い続けることになりますが、ここに大きな落とし穴があります。

実は、現金キャッシュバック型キャンペーンを実施しているプロバイダは月々の料金が高く設定されているんです。

あい

えー!?そうなんですか!?月々の料金なんてどこも一緒だと思ってました!!

プロバイダ別 平均月額(3年契約)

プロバイダ 月額
とくとくBB
(キャッシュバック型)
4,227円
BIGLOBE
(キャッシュバック型)
4,323円
BIGLOBE
(月額割引型)
3,675円
Broad WiMAX
(月額割引型)
3,573円

BIGLOBEは、キャッシュバック型と月額割引型両方のキャンペーンを実施していて、キャッシュバック額は3万円。

キャッシュバックを受け取れば総額は安くなりますが、月々の料金は高く設定されていますよね。

あい

なんでこんなややこしいことするんですか?

高見沢

お、スルドイ質問ダネ!その理由は、キャッシュバックを受け取らない人が一定数いるという前提での料金になっているからダヨ!

どうしてこんなに高いキャッシュバック額を設定できるのか。

はっきり言いますが、それはキャッシュバックを受け取らない人がかなりいるからです。

キャッシュバックを受け取るハードルが高いのもそのため。

そもそもキャッシュバックのことを忘れていたり、手順が面倒で受け取るのを諦めてしまう人がいることを見越しているんですね。

あい

まさか・・・受け取れなかった人にとっては、受け取る人のキャッシュバック用のお金を払っているということ・・・?

高見沢

あいちゃんご名答!キャンペーンとは言いつつ、高い月額でキャッシュバックを積立してるということダネ。自動車保険のイメージに近いカナ〜

現金キャッシュバックキャンペーンの受け取り率は不明ですが、

高額なキャッシュバックを維持するために、受け取りのハードルを高くしていることは確か。

現金キャッシュバックキャンペーンを選ぶ際には、受け取りの時期と手順としっかり把握しておくことが大切です!

高見沢

次は、もうひとつのキャンペーン月額割引型について説明するヨッ★

月額割引型のメリット・デメリット

月額割引型は、月々の利用額から“自動で”値引きが適用されます。

その代わり、高額なキャッシュバックはありません。

それを踏まえて、月額割引型のメリットとデメリットをまとめたものがこちら。

  • メリット1:月々の支払額が安い
  • メリット2:確実に安くなる
  • デメリット:キャッシュバック型と比べるとちょっと高い

順番に説明していきますね!

メリット1:月々の支払額が安い

月額割引型のメリットは単純明快。

毎月、自動で値引きが適用されるので、月々の支払額は現金キャッシュバック型よりも安くなります。

現金キャッシュバック型のデメリットがそのままメリットになるということですね。

プロバイダ別 平均月額(3年契約)

Broad WiMAX BIGLOBE とくとくBB BIGLOBE
3,573円 3,675円 4,227円 4,323円
月額割引型 月額割引型 キャッシュバック型 キャッシュバック型

あい

上の表を見ると、いちばん安いプロバイダと高いプロバイダでは750円もの差があるんですねー

高見沢

3年で計算すると、27,000円!チリも積もればなんとヤラ〜

メリット2:確実に安くなる

先ほど現金キャッシュバック型は受け取りのハードルが高いと紹介しました。

つまり、確実に受け取れるわけではないのが現金キャッシュバックのデメリット。

一方、月額割引型であれば申込みと同時にキャンペーンが適用となるのでよけいな手間は一切ナシ!

何も気にすることなく、自動で割引後の価格が反映されます。

あい

面倒な手間もなく月々の料金が確実に安くなるのはわたし的にはかなり魅力だなー!

デメリット:キャッシュバック型と比べるとちょっと高い

現金キャッシュバック型のいちばんのメリットは総支払額が安くなることでした。

裏を返せば、月額割引型のデメリットは、キャッシュバック型と比べると総支払額が少し高くなってしまうとも言えます。

では、実際の差額を見てみましょう。

月額割引型と現金キャッシュバック型の総額の差額

キャンペーン種類 月額割引型 現金キャッシュバック型
プロバイダ Broad WiMAX とくとくBB
支払額 ¥128,626 ¥152,160
キャッシュバック なし ¥43,000
実質総額 ¥128,626 ¥109,160
差額 ¥19,466高い ¥19,466安い

そしてもうひとつおさらい。

キャッシュバック型のいちばんのデメリットは、受け取り手順が非常に複雑なことでした。

もしキャッシュバックをもらえなければどうなるかを見てみましょう。

キャッシュバックを受け取れなかった場合の差額

キャンペーン種類 月額割引型 現金キャッシュバック型
プロバイダ Broad WiMAX とくとくBB
支払額 ¥128,626 ¥152,160
差額 ¥23,534安い ¥23,534高い

高見沢

つまりまとめるとこういうコト!
  • キャッシュバックを受け取る:キャッシュバック型のほうが19,000円安い
  • キャッシュバックを受け取れない:月額割引型のほうが23,000円安い

ちなみに、19,000円を36ヵ月で割ると月々500円程度の値段です。

高見沢

個人的には、確実に安くなる安心代と思えば悪くない金額だと思うけど、そのあたりの判断は人それぞれカナッ★

あい

正直、申し込んだ1年後までキャッシュバックのことを覚えてられる自信はないですね・・・ほったらかしで安くなるほうがわたしは気楽です!

その他のキャンペーン

そのほか、「初月の利用料金無料」や「初期費用無料」といったキャンペーンを用意しているプロバイダもあります。

初月の利用料金無料

これは、申し込んだ月の利用料金が無料になるというキャンペーン。

例えば9月5日に申し込んだ場合、2〜3日後に端末が届いてから9月末日までの利用料金がタダになります。

高見沢

月の下旬になるとあまりお得感はないカナ〜

一方、「初月の利用料金無料」をおこなっていないプロバイダのほとんどは、申し込み月の利用料金で日割りで計算しています。

ですので、「初月の利用料金無料」を選ばなくてもまったく損はしません。

あい

タイミングをいろいろ考えるのは面倒ですね。欲しいときに申し込んだほうが気楽ですね!

申込日から月末までの利用料金が無料

これは、端末代はじめ初期費用が無料になるというもの。

最近はどのプロバイダも端末代無料ですが、さらに契約の際にかかる事務手数料3,000円が無料になるプロバイダもあります。

また、月額の値引き分を合計した額を「初期費用」とし、それを最初に割り引くかたちをとっている場合もあります。

あい

細かなものも含めるといろんなキャンペーンがあるんですねー

高見沢

どのプロバイダも見せ方を工夫してお得感を出しているヨ!

イロイロあるけど、結局はキャッシュバック金額月々の支払い金額で比較するのが賢い方法だネッ★

最後に

この記事では、WiMAXのキャンペーンについて、

  • 現金キャッシュバック型
  • 月額割引型

の2種類について詳しく説明しました!

高見沢

それぞれのキャンペーンが向いているのはこんなタイプだヨッ★
キャッシュバック型に向いている人
  1. トータルコストをとにかく安くしたい
  2. 約1年後までキャッシュバックについて覚えている自信がある
  3. ふだん使わないメールアドレスをチェックできる
  4. 複雑な手順を攻略するのが好き
月額割引型に向いている人
  1. 月々の支払いを安くしたい
  2. 申し込んでから面倒な手続きはしたくない
  3. メールアドレスの設定とか苦手
  4. 1年後までキャッシュバックのことを覚えている自信がない

自分の性格やタイプ的にはどちらが合っているのか。

この記事を参考にしながら、適切なキャンペーンを選んでくださいね!