WiMAXのハイスピードプラスエリアモードを誰にでもわかりやすく解説

こんにちは。WiMAX博士・たかみーこと高見沢です。

ボクは普段の仕事中、外でネットを使うことが多いので、やっぱりWi-Fiルーターが必需品。

そして以前、数あるWiFiルーターの中から何を選べば一番いいのか徹底的に調べました。

調べて調べて調べ尽くした結果・・・

高見沢

めっちゃ詳しくなってしまったヨ★

この記事では、WiMAXの「ハイスピードプラスエリアモード」について解説します!

ケンジ

ハイスピードプラ・・・プラ・・・?
ちょっと名前長すぎじゃないですか?

高見沢

ケンジくんスルドイッ・・・!!

ケンジ

別に鋭くはないと思いますが、とにかく長くて何がなんだかわからないです!

たしかにこの「ハイスピードプラスエリアモード」、名前は長いし何のことだかよくわからない、という声が多いです。

でも、解説してみればそれほど難しくないので、この記事を読んで理解を深めてみてください!

覚えておくと、WiMAXを契約するときにも、契約後に使うときにも便利なんです。

また「ハイスピードプラスエリアモード」だけでなく、もうひとつの「ハイスピードモード」についても解説します。

この違いを理解すると、より便利に快適に使えるようになるので、ぜひ最後まで読んでみてくださいね!

ハイスピードプラスエリアモードとは

まずは、ハイスピードプラスエリアモードを分解して行きましょう。

名前は長いものの、要素ごとにわけて考えると結構簡単です。

ケンジ

たかみーさん、できるだけカンタンにお願いしますよぉ・・・

モードの意味は「ハイスピード」+「エリア」ということ

この「ハイスピードプラスエリアモード」、実は3つの要素に分けられます。

それは

  • ハイスピード
  • プラス
  • エリアモード

です。

ケンジ

え、そのままじゃないですか・・・

高見沢

まあまあ、もう少し聞いてネ★

WiMAXにはふたつの通信モードがあります。それは、

  • ハイスピードモード
  • ハイスピードプラスエリアモード

なんです。

で、「ハイスピードモード」「エリア」をプラスしたのが、

「ハイスピード・プラス・エリア」モード

というわけなんです。

要は、WiMAXの「ハイスピード」に、au回線の「エリア」をプラスしたモードなんですね。

ケンジ

あ、なるほど!ちょっとだけ分かりやすくなりました。
でもなんでモードが2つもあるんですか?

高見沢

気になるよネ〜?
ケンジくんのために、いまからひとつずつ解説していくヨ★

まずはWiMAXの基本、ハイスピードモードから。

WiMAXの基本「ハイスピードモード」

「ハイスピードモード」の特徴は、

  • 通信スピードが速い
  • 月間データ量無制限
  • エリアがちょっと狭い

です。(※ギガ放題プランの場合)

通信スピードは、このハイスピードモードの状態で最大440Mbps。

これは、モバイル回線としてはめちゃくちゃ速いです。

さらに月間データ量は無制限。月内にどれだけ使っても追加料金も速度制限もありません。

ケンジ

え!完全に無制限なんですか?

高見沢

ううん、そこまでは実現できてなくて、「3日10GB」制限はあるヨ★
でもすっごくやさしい制限だけどネ★

「スピードが速くて、月間データ量が無制限」というWiMAX。

こんなスゴイネット回線あるんですか?ってくらいの特徴ですが、ちゃんと弱点もあります。

それは「エリアがちょっと狭い」ということなんです。

WiMAX「ハイスピードモード」のエリアについてちょっとしっかり解説していきますね。

ハイスピードモードのエリア

WiMAXの「ハイスピードモード」は、その名の通り高速な回線です。さらに月間データ量が無制限。

一見最強のネット回線、かと思いきや、ひとつだけ弱点があります。

高見沢

今の日本にすべての要望を満たす完璧なネット回線はないんだヨ〜

ハイスピードモードの弱点は、「エリアがちょっと狭い」こと。

ケンジ

ちょっと?

この「ちょっと」にはわけがあります。

モバイル回線の「エリアが狭い」と聞いて、何に比べて狭いと思いますか?

ケンジ

あー、やっぱスマホですよね?

その通りです。

WiMAXのエリアは、大手スマホキャリア(au・docomo・ソフトバンク)のエリアと比較して、やっぱりちょっと狭くなっちゃいます。

これはアンテナ数と電波の性質によります。

アンテナ数に関しては、企業規模が違いすぎることが原因ですね。

大手スマホキャリアの設備投資額は年間5000億円以上。ちょっと想像もつかない数字です。

これに対抗しようとするのは、無理な話です。

また電波の性質も関係します。

WiMAXの電波は、反射しづらく距離も短い「高周波帯」の電波。

一方大手キャリアの電波は、反射安く距離の長い「低周波」の電波。

比較表にまとめるとこんな感じです。

WiMAX 大手スマホ
アンテナ数 少ない 多い
設備投資費 年500億程度 年5000億以上
電波 届きにくい 届きやすい
エリア 狭め 全国どこでも

この違いが、利用できる「エリア」の違いとしてあらわれてくるんです。

ケンジ

なるほどー。でも無制限とかスピードとかは魅力的。

高見沢

ダヨネ〜★
そこで登場するのが「ハイスピードプラスエリアモード」ってことですヨ!

LTEオプションで使える「プラスエリアモード」

ここからは「ハイスピードプラスエリアモード」って毎回打つのが めんどくさい 長くて読みにくいので、「プラスエリアモード」と表記していきます。

WiMAXの基本モードである「ハイスピードモード」の弱点は、そのエリアでした。

これを補うモードとして、「プラスエリアモード」が存在するんです。

ケンジ

あ、なるほど。「+エリア」モードですもんね。

高見沢

そうそう、ハイスピードにエリアを追加しちゃうんだヨ★

プラスエリアモードを使えるのは、auのLTE回線を使うことができる「LTEオプション」利用時。

auのLTE回線は、いわゆる「大手スマホキャリア」の回線ですから、全国ほぼどこでも使えます。

それこそ、山間部や海辺、地下や大きなビルの中も全然大丈夫。

auの人口カバー率は99%ですから、人が住んでいるところはほぼどこでも使えると考えて大丈夫です。

要は、WiMAXが不得意なエリアをau回線で補って、日本全国どこでもWiMAXを使えるようにしちゃいましょう、というモードなんですね。

高見沢

でも、プラスエリアモードの特徴もしっかり理解しないとマズイんだヨ★
解説するネッ!

プラスエリアモードの制限

プラスエリアモードにも、ハイスピードモードとは違う特徴があります。

これを理解していないと

「WiMAX、なんかおかしいな。。。壊れた?」

と思ってしまうかも知れません。

プラスエリアモードの特徴は、

  • 全国どこでも使える
  • 月間7GBまで使える
  • 7GBを超えると速度制限

というものです。

プラスエリアモードは、au回線を使うことで全国ほぼどこでも使えるようになる、魔法のようなオプション。

しかし、無制限で使えるハイスピードモードと違い、月間のデータ上限が7GBまでとなっています。

この上限を超えてしまうと、以後は月が変わるまで「128Kbps」という激遅の速度制限が適用されます。

ケンジ

なるほど・・・!
それは知らないとマズイ。。。!

しかもこの速度制限は、プラスエリアモードだけでなく、ハイスピードモードにも適用されちゃいます。

ということは、7GBを超えると月末までの間、WiMAXすべてがほぼ使えなくなる、ということなんです。

ケンジ

え!ハイスピードモードも・・・!

ただ、焦る必要はありません。

もしプラスエリアモードで7GB近く使ってしまっても、それが6.9GBまでだったらハイスピードモードは大丈夫。

ハイスピードモードだけで月末まで乗り切れば、翌月からまたau回線を7GB使えるようになります。

高見沢

だから、基本的にはハイスピードモードで。
電波の入りが悪いときだけプラスエリアモードに。
そうすればそうそう7GB使うことはないと思うヨ★

ケンジ

なるほどー。やっぱりプラスエリアモード、いいですね!
でも「オプション」って言うくらいだから、有料なんですか?

次は、ケンジくんの疑問を解消するために「LTEオプションの料金」「無料で使う方法」について書いていきます。

通常1,005円のLTEオプションが3年契約で無料!

auのLTE回線がなんと7GBも使えるLTEオプション。

その料金は、「使った月だけ」月額1,005円。

使わなければ、一切料金はかかりません。

でもWiMAXの弱点はそのエリアが若干狭いこと。

ボクがリアルに使っていて思うのは

「名古屋市内に住んでても結構電波届かないところある!」

ってことです。

もちろん屋外はほとんど大丈夫です。そこそこ都会ですからね。

でも屋内は結構厳しいところがありますよ。

窓際は大丈夫なんですけど、大きなビルの窓から距離がある場合とか。

高見沢

月に2〜3回はプラスエリアモードのお世話になる感じデス★

となると、毎月1,005円余分にかかってくる可能性が高いってことですよね。

これを防ぐ方法がひとつだけあるんです。

それはWiMAXの契約年数を3年にするということ。

WiMAXは3年契約をすることで「LTEオプション」が無料となるのです。

もし毎月1,005円を2年間使い続けると、合計24,120円かかります。

でも、3年契約にするだけでそれが0円で36ヶ月使えるんです。

高見沢

言ってみれば、36,180円も得してるようなモノダネッ★

ケンジ

なるほどーーーー。
au電波が7GBも無料で使えると思えば、3年契約のほうがいいなあ

そうなんです。

auのデータプランで7GB使おうと思うと、なんと月額5,700円もかかっちゃいます。

それが無料で使えるというだけで、めちゃくちゃオトクなんですよね。

高見沢

ボクはぜっっったい3年プランをオススメするヨ★

最後に

この記事では、

  • 「ハイスピードプラスエリアモード」とは
  • 「ハイスピードモード」とは
  • 「LTEオプション」とは

といったことを中心に、「ハイスピードプラスエリアモード」について解説しました。

カンタンにまとめると、

まとめ
  • ハイスピードプラスエリアモードは「ハイスピード」+「エリア」のモード
  • プラスエリアモードは上限7GB
  • 普段はハイスピードモードで利用すべし
  • 3年契約で無料で使える

ということですね。

WiMAXは無制限で使えるのが最大のウリ。でもエリアが唯一の弱点。

プラスエリアモードは、その唯一の弱点を補ってくれる素晴らしいものなんです。

このモードの違いを把握して、WiMAXを快適に使いこなしてくださいね!